のぼりにまつわる噂

のぼりによる売り上げ向上の可能性についてご説明します!

RSS 2.0

のぼりのこれまでとこれから

のぼりは、今と昔で少し違いがあります。

まずぱっと思いつくものが材料です。

昔は、竿の部分(ポール、棒の部分)は竹が使われていることが多かったと言われています。

竹を使うことは風流があって良いです。

そのため、今でも竹を使うものもあるそうです。

ですが今はかなり材料が違ってきています。

鉄パイプを塗装した竿であったり、布の部位も合成樹脂で作られていたりします。

技術の進歩によりコストや量産性、耐久度などが上がっていることは大変すばらしいです。

デザインを変えたいであるとか、風流な雰囲気を出したいであるとかそういった場合には古来から使われている竹などを見直し、一考しつつも現在の技術を組み合わせて作っていけると理想的であると思います。

次に違うのは用途です。
ちなみにのぼりは広告の一種だと考える事ができますが、悪質な広告に騙されないために→日本インターネットアントレプレナー協会

今は主に宣伝用のぼりが見受けられ、間違っても戦で用いられるようなことはありません。

そもそも戦自体が今の日本ではありませんが、もし銃撃戦になった際にそのような旗はさすがに使えないでしょう。

武士のような一部の人が使ってきたものが一般庶民のものとして広く親しまれるようになったと言えるかもしれません。

そしてこれからものぼりは技術の発達に伴い、進化を続けていくでしょう。

しかし、今と昔双方の良さ、特徴を知って日本の文化であるのぼりをこれからも守り、うまく使っていきたいものです。

OFF

Categories: のぼりの使い方

blogger