のぼりにまつわる噂

のぼりによる売り上げ向上の可能性についてご説明します!

RSS 2.0

特徴的なのぼり

のぼりは古今東西、日本各地で使われていますが、その中にはやはり少しかわったものがあります。

のぼりの目的である他人の目を引いてアピールをするためには少しかわったと言えるぐらいのもののほうが効果もあるかもしれません。

そのため、ちょっとかわったデザインを見てみるのも良いかと思います。

まず初めに紹介するのが筒状の形になっているものです。

大きな筒が道端に立っていると思うと、不思議な感じですが、回転する仕組みとなっており、いろんなメニューが見られるように工夫されています。

旗は長方形であるという固定観念を打ち破った面白いものだと思います。

次に紹介するのが、旗状ではあるけれども変わったデザインのもの。

私たちが知っている一般的なのぼりといえば、成人男性よりも少し大きいものぐらいのイメージがあると思いますが、逆に小ぢんまりと20センチほどの長さしかないものを作っているのです。

大きなものでないと人目を引けないと、大きさを競っているのが一般的なこの世情では、とても面白い逆転の発想といえましょう。

旗が大きくても文字が小さいというデザインもあります。

確かにこんなの街中で見かけたら少し気になって何が書いてあるか読んでしまいそうですね。

これからもどんなかわったデザインののぼりが出てくるか、大変楽しみなところであると思います。

OFF

Categories: のぼりの特徴

blogger